大阪憲法ミュージカルとは

慰安婦問題をテーマにしたロラマシン物語(2008年)、諫早の環境問題を描いたムツゴロウラプソディ

(2009年)、中村哲医師を主人公に平和であることの大切さを謳ったドクターサーブ(2011年)。

そして2016年6月、戦前の大阪で、映画製作に夢をかけた若者が戦争の荒波にのまれる姿を描き、

平和への尊さを訴える「無音のレクイエム」。人間の尊厳、平和、人権、民主主義といった憲法の

メッセージをミュージカルにのせて歌い踊ります。



出演者募集!!!!!

下記申込用紙をダウンロードして,ご記入の上ご応募ください。



2017年大阪憲法ミュージカル 第1回実行委員会

無声映画「瀧の白糸」は大好評涙の渦で終わりました。

沢山の方がイベントにご参加いただきました。

ありがとうございました!